前へ
次へ

赤ちゃんへのインフルエンザの予防接種

冬に向けた寒い季節になるにつれて、インフルエンザの流行の動向が気になるものです。特に、小さなお子さんが罹患した場合には重篤化しやすいことから、乳児のいらっしゃるご家庭では特に気がかりなことでしょう。インフルエンザを予防するためには、毎年予防接種を受けることが大切です。しかしながら、生後間もない赤ちゃんの場合にはどうすれば良いのでしょうか。実は、インフルエンザの予防接種は生後6ヶ月から受けることができます。ただし、病院によっては0歳児への予防接種を推奨していないこともあります。何故なら、0歳児では予防接種を行っても、十分な免疫が作られない可能性があると言われているためです。もし赤ちゃんに予防接種を受けさせるべきか悩んだら、インフルエンザへの感染リスクを考慮するのが良いでしょう。例えば、既に保育園に通っている子や、兄弟が幼稚園などの感染しやすい環境にある子は、相対的に感染リスクが高まることから、予防接種を受けておくと安心です。

Page Top